« December 2017 »
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017
09月
04
テーマ:

正しい除菌で食中対策(^^)

こんにちは!

 

Facebookの更新がメインになってしまい、

こちらの更新がだいぶ久しぶりになってしまいましたが、

 

私は元気ですヽ(•̀ω•́ )ゝ✧笑

 

さて、

群馬県でポテトサラダからO-157が検出され、

今だいぶ問題になっているO-157ですが、

長野県佐久市の焼き肉店でも今年県内初のO-157が検出されましたね((+_+))

 

食中毒は菌やウイルスが体内に入ってしまった時点で増殖してしまうので、

調理の際の洗浄・除菌・加熱調理などが非常に重要になってきます。

 

なかなか手抜きしてしまいがちな工程なんですが、

調理の際は念入りに行って頂きたいと思います!

 

中にはきちんと消毒していたのに…なんてケースもあるかもしれません。

 

除菌剤として調理の際に一番パッとイメージされるのが

アルコールだと思います。

一般的なアルコールですが、

これは完全に水気を取った箇所でないと除菌効果は得られません。

 

そしてノロウイルスなど芽胞と呼ばれる膜のようなものを形成する菌には

効果がないとされていますが、

中には改良されてノロウイルスにも効果があるものも売られています。

これも普通のアルコール同様水気のある個所には除菌効果が得られないので

アルコールをお使いの方は水気をしっかり取り除いてお使いになると良いです(*´∪`)

 

 

ビエリモは次亜塩素酸水溶液が主成分になります。

アルコールと違う点は水で薄めて使える点、

水気がある箇所でもしっかり除菌でき、

除菌後は水に還元させる特徴があります(^^)/

ですが、

ビエリモは洗浄が不十分な箇所に対しては

汚れにもビエリモの成分が反応してしまうため、

肝心の菌やウイルスに到達する前に除菌成分がなくなってしまいます( ′~‵)

当たり前ですが、酷い油汚れはしっかりビエリモが弾かれてしまいます(゚д゚)

 

なので

アルコール除菌でもビエリモ除菌でも

しっかり前工程を行ったうえで使用しなくては十分な効果は得られません( ;∀;)

 

こんなことを書いておりますが、

私は筋金入りのズクなしなので

洗ったまな板などをしっかり拭いて次の物を切るとかできません(笑

 

なので、お料理をするときは

ビエリモが大活躍しますヽ(´ー`)ノ

いちいち拭くのめんどくさいわ‼‼‼って方はビエリモがオススメです(^^)/笑

 

では

しっかり食中毒対策を心がけましょう♪

 

ノロウィルスなど、空間除菌なら【ビエリモ】

弱酸性次亜塩素酸水ビエリモ(bielimo)は食品添加物から作られた安心・安全な除菌消臭剤です。 空気中の菌やウイルスを瞬間除菌出来る、超音波式空間除菌消臭加湿器とともにご使用いただくと、効率よく空間除菌をすることが可能です。 ノロウィルスやO-157、インフルエンザ食中毒対策などに最適な除菌消臭剤をぜひお試しください。

インフルエンザによる会社への大打撃を防ぐ方法家庭内感染の対策ノロウィルスの弱点食中毒予防のために次亜塩素酸水とはどんなもの?空間のニオイ対策 子供がノロウィルスに感染したときの対処法細菌の増殖条件インフルエンザの種類空間除菌